東田教会 Menu

豊橋東田教会の礼拝では新共同訳聖書と讃美歌21を使用しています。
お持ちになっていない方には教会でお貸しします。

主日礼拝
2022年10月2日(日) 10:30~11:30 聖餐式執行
聖 書:マルコによる福音書 6章1~6節前半
説 教:「この人は大工ではないか」 中島 善子牧師
讃美歌:7番5節 50番1節 50番2、3節 79番1、2節 65-2番 88番
下の ▶ 部分をクリックすると礼拝の音声をお聞きいただけます。

講壇のマイクで録音した音声ですので、
会衆の音声は小さな音量で録音されています。
但し、聖餐式の音声は会衆席で録音した音声を入れて、
聖餐式や献金の無音部分はトリミングしています。
───────────────────────────────────

マルコによる福音書 6章1~6節前半
 1イエスはそこを去って故郷にお帰りになったが、弟子たちも従った。
2安息日になったので、イエスは会堂で教え始められた。多くの人々はそ
れを聞いて、驚いて言った。「この人は、このようなことをどこから得
たのだろう。この人が授かった知恵と、その手で行われるこのような奇
跡はいったい何か。3この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコ
ブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。姉妹たちは、ここで我々と
一緒に住んでいるではないか。」このように、人々はイエスにつまずい
た。4イエスは、「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の
間だけである」と言われた。5そこでは、ごくわずかの病人に手を置いて
いやされただけで、そのほかは何も奇跡を行うことがおできにならなか
った。6そして、人々の不信仰に驚かれた。

───────────────────────────────────

主日礼拝
2022年9月25日(日) 10:30~11:30
聖 書:創世記 4章1~26節
説 教:「カインとアベル」 中島 善子牧師
讃美歌:6番1節 527番1節 527番3~4節 65-1番 92番1節
下の ▶ 部分をクリックすると礼拝の音声をお聞きいただけます。

講壇のマイクで録音した音声ですので、
会衆の音声は小さな音量で録音されています。
───────────────────────────────────

創世記 4章1~26節
 1さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、
「わたしは主によって男子を得た」と言った。2彼女はまたその弟アベル
を産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
3時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持って来た。
4アベルは羊の群れの中から肥えた初子を持って来た。主はアベルとその
献げ物に目を留められたが、5カインとその献げ物には目を留められなか
った。カインは激しく怒って顔を伏せた。6主はカインに言われた。
 「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。7もしお前が正しいの
なら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待
ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」
 8カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは
弟アベルを襲って殺した。
 9主はカインに言われた。
 「お前の弟アベルは、どこにいるのか。」カインは答えた。
 「知りません。わたしは弟の番人でしょうか。」
 10主は言われた。
 「何ということをしたのか。お前の弟の血が土の中からわたしに向かっ
て叫んでいる。
11今、お前は呪われる者となった。お前が流した弟の血を、口を開けて
飲み込んだ土よりもなお、呪われる。12土を耕しても、土はもはやお前
のために作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよい、さすらう
者となる。」
 13カインは主に言った。
 「わたしの罪は重すぎて負いきれません。14今日、あなたがわたしを
この土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、
さすらう者となってしまえば、わたしに出会う者はだれであれ、わたし
を殺すでしょう。」
 15主はカインに言われた。
 「いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受ける
であろう。」
 主はカインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインに
しるしを付けられた。16カインは主の前を去り、エデンの東、ノド(さ
すらい)の地に住んだ。
 17カインは妻を知った。彼女は身ごもってエノクを産んだ。カインは
町を建てていたが、その町を息子の名前にちなんでエノクと名付けた。
18エノクにはイラドが生まれた。イラドはメフヤエルの父となり、メフ
ヤエルはメトシャエルの父となり、メトシャエルはレメクの父となった。
 19レメクは二人の妻をめとった。一人はアダ、もう一人はツィラといっ
た。20アダはヤバルを産んだ。ヤバルは、家畜を飼い天幕に住む者の先
祖となった。21その弟はユバルといい、竪琴や笛を奏でる者すべての先
祖となった。22ツィラもまた、トバル・カインを産んだ。彼は青銅や鉄
でさまざまの道具を作る者となった。トバル・カインの妹はナアマといっ
た。
 23さて、レメクは妻に言った。
 「アダとツィラよ、わが声を聞け。
 レメクの妻たちよ、わが言葉に耳を傾けよ。
 わたしは傷の報いに男を殺し
 打ち傷の報いに若者を殺す。
24カインのための復讐が七倍なら
 レメクのためには七十七倍。」
 25再び、アダムは妻を知った。彼女は男の子を産み、セトと名付けた。
カインがアベルを殺したので、神が彼に代わる子を授け(シャト)られ
たからである。
 26セトにも男の子が生まれた。彼はその子をエノシュと名付けた。主
の御名を呼び始めたのは、この時代のことである。

───────────────────────────────────

主日礼拝
2022年9月18日(日) 10:30~11:30
聖 書:申命記 5章12~15節
ローマの信徒への手紙 12章1~2節
説 教:「安息日を守り、聖別する」 中島 善子牧師
讃美歌:4番1節 515番1節 515番2~3節 65-1番 92番1節
下の ▶ 部分をクリックすると礼拝の音声をお聞きいただけます。

講壇のマイクで録音した音声ですので、
会衆の音声は小さな音量で録音されています。
───────────────────────────────────

申命記 5章12~15節
 12安息日を守ってこれを聖別せよ。あなたの神、主が命じられたとお
りに。13六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、14七日目は、あ
なたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あ
なたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、牛、ろばなどすべての家畜も、
あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。そうすれば、あなた
の男女の奴隷もあなたと同じように休むことができる。15あなたはかつ
てエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕
を伸ばしてあなたを導き出されたことを思い起こさねばならない。その
ために、あなたの神、主は安息日を守るよう命じられたのである。

ローマの信徒への手紙 12章1~2節
 1こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めま
す。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。2あなたがたはこの世に倣っ
てはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が
神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであ
るかをわきまえるようになりなさい。

───────────────────────────────────

主日礼拝
2022年9月4日(日)
聖 書:マルコによる福音書 5章21~43節
説 教:「恐れることはない。ただ信じなさい」 中島 善子牧師
讃美歌:2番1節 524番1節 446番 78番2、4節 65-1番 92番1節
下の ▶ 部分をクリックすると礼拝の音声をお聞きいただけます。

講壇のマイクで録音した音声ですので、
聖餐式など聞き取りにくい個所があります。
───────────────────────────────────

マルコによる福音書 5章21~43節
 21イエスが舟に乗って再び向こう岸に渡られると、大勢の群衆がそば
に集まって来た。イエスは湖のほとりにおられた。22会堂長の一人でヤ
イロという名の人が来て、イエスを見ると足もとにひれ伏して、23しき
りに願った。「わたしの幼い娘が死にそうです。どうか、おいでになっ
て手を置いてやってください。そうすれば、娘は助かり、生きるでしょ
う。」24そこで、イエスはヤイロと一緒に出かけて行かれた。
 大勢の群衆も、イエスに従い、押し迫って来た。25さて、ここに十二
年間も出血の止まらない女がいた。26多くの医者にかかって、ひどく苦
しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くな
るだけであった。27イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろ
からイエスの服に触れた。28「この方の服にでも触れればいやしていた
だける」と思ったからである。29すると、すぐ出血が全く止まって病気
がいやされたことを体に感じた。30イエスは、自分の内から力が出て行
ったことに気づいて、群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのは
だれか」と言われた。31そこで、弟子たちは言った。「群衆があなたに
押し迫っているのがお分かりでしょう。それなのに、『だれがわたしに
触れたのか』とおっしゃるのですか。」32しかし、イエスは、触れた者
を見つけようと、辺りを見回しておられた。33女は自分の身に起こった
ことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをあ
りのまま話した。34イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなた
を救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮ら
しなさい。」
 35イエスがまだ話しておられるときに、会堂長の家から人々が来て言
った。「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばない
でしょう。」36イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。
ただ信じなさい」と会堂長に言われた。37そして、ペトロ、ヤコブ、ま
たヤコブの兄弟ヨハネのほかは、だれもついて来ることをお許しになら
なかった。38一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわ
めいて騒いでいるのを見て、39家の中に入り、人々に言われた。「なぜ、
泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」40人々は
イエスをあざ笑った。しかし、イエスは皆を外に出し、子供の両親と三
人の弟子だけを連れて、子供のいる所へ入って行かれた。41そして、子
供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。これは、「少女よ、わ
たしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。42少女はすぐに
起き上がって、歩きだした。もう十二歳になっていたからである。それ
を見るや、人々は驚きのあまり我を忘れた。43イエスはこのことをだれ
にも知らせないようにと厳しく命じ、また、食べ物を少女に与えるよう
にと言われた。

───────────────────────────────────

主日礼拝
2022年8月21日(日)
聖 書:申命記 5章11節
マタイによる福音書 7章21~23節
説 教:「主の名をみだりに唱えてはならない」 中島 善子牧師
下の ▶ 部分をクリックすると礼拝説教(音声)をお聞きいただけます。

───────────────────────────────────

申命記 5章11節
 11あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名
を唱える者を主は罰せずにはおかれない。

マタイによる福音書 7章21~23節
 21「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入る
わけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。
22かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名
によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をい
ろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。23そのとき、わたし
はきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を
働く者ども、わたしから離れ去れ。』」

───────────────────────────────────

このサイトの聖書の言葉はすべて以下から引用しています。
聖書 新共同訳:
©共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
©日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988