東田教会 Menu

坂の途中から2024年7月14日中島日善子
梅雨明け宣言はまだ聞いていないけど、叩きつける豪雨が降ったかと
思うと、翌日は、体温を上回る暑苦しさになる。この暑さで洗濯物は、
2時間ほどで乾く。それだけは有難いけど、外に出て行く勇気が持てな
い。仕事をしながら、毎日アイスを食べてばかり。今年も順調に、夏太
りの予感。
この暑さの中、全国の高校球児たちは、甲子園を目指して日々、練習
に励んでいるのだろうか。でも大丈夫か?根性で頑張れば良い時代は過
ぎた。大会は甲子園球場ではなくて、ドームのある球場で実施したら良
いのではないか。熱中症で死んで欲しくない。関係者は、かけがえのな
い命を最優先で決断し、行動して欲しい。
記録的な猛暑は世界中に広がっている。メッカの巡礼者が猛暑の中、
大勢死亡したという。彼らは信仰を最優先して、メッカまで駆けつけた
熱心な人なのだろう。でも神が与えてくださった尊い命を大切にして欲
しい。
限られた地球の上で、同じ時代を生きているすべての命が愛されて、
守られて、尊ばれますように。

20生きているのは、もはやわたしではありません。
キリストがわたしの内に生きておられるのです。
わたしが今、肉において生きているのは、
わたしを愛し、わたしのために身を献げられた
神の子に対する信仰によるものです。
21aわたしは、神の恵みを無にはしません。
ガラテヤの信徒への手紙2章20~21a節

聖ヴィート大聖堂
聖ヴィート大聖堂プラハにて

坂の途中から2024年7月7日中島日善子
元旦に起きた能登半島地震から、半年が経過した。未だに上下水道が
復旧していない地域も多い。被災した家屋などの撤去作業がなかなか進
まないので、仮設住宅の広がりも充分ではない。
能登半島の珠洲市に原発建設計画があったことを、最近、知った。珠
洲市の一般市民が粘り強く原発建設の反対運動を続けたことによって、
原発建設が見送られたことも合わせて知った。
元旦に起きた地震で半島の海岸は数メートルも隆起した。幸いなこと
に、能登半島の志賀原発は稼働していなかった。更に幸いなことに、珠
洲市に原発は建設されなかった。
地震被害を予測していたのか。原発建設に反対された市民の方々の先
見の明に心から感謝したい。もし珠洲市に原発が建設されていたら、も
し志賀原発が稼働していたら、地震による原発被害は長野、新潟などに
も広がったはず。
自然を支配できると思い上がった人間の傲慢さを、神から糾弾、叱責
された気がする。時を逃さず、悔い改めないと、取り返しがつかなくな
る。今は、未来を創る今だ。

起こるべきことをわたしたちに示し、告げてみよ。
初めにあったことを告げてみよ。
我々はそれを心に留めよう。
あるいは、来るべきことを聞かせてみよ。
未来のことを悟るとしよう。
イザヤ書41章22節

無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。
平和な人には未来がある。
詩編37編37節

チェコ産業貿易省庁舎
プラハで原爆ドームを思い出す

坂の途中から2024年6月30日中島日善子
N牧師が土曜日の夜、牧師館に泊まりに来た。翌日、豊橋市内の教会と
の講壇交換で、日曜学校と大人の礼拝の奉仕をするためだ。N牧師の宿泊
に加えて、私は土曜日に金城学院同窓会の礼拝奉仕があるため、日曜の礼
拝原稿を早く仕上げなくてはならず、頑張った。(やれば出来るじゃん)
N牧師は午前中の講壇交換を終えたら、静岡に移動して、牧師療養中の
教会で礼拝奉仕をした。
また「季刊・教会」の最新号を読んだら、神学校の同級生牧師が関わっ
ている他教会の礼拝や地域の関係施設などについて、報告がされていた。
今、神学校の入学者数より、牧師の引退・逝去数が上回り、1人の牧師が
複数の教会を兼牧することは珍しくない。
どうしたんだ?日本の教会は。どこを向いて、何を求めているのか。何
を聞いて、何を信じて、何を語っているのか。
主なる神、どうか一人一人に、すべての教会に、神の愛を、罪の赦しを、
救いの確信を深く、豊かに与えてください。

28あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。
29疲れた者に力を与え
勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
30若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
31主に望みをおく人は新たな力を得
鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。
イザヤ書40章28~31節

教会
クトナー・ホラの聖バルボラ教会
チェコにて

坂の途中から2024年6月23日中島日善子
アダムが神に背いてから、人は神の愛と命とは反対方向、罪と死の深淵
に沈んだ。それでも神は人を見捨てられない。神は愛だから。だから神は、
人が沈んだ罪と死の深淵まで、手を伸ばす。その神の手は神の独り子キリ
スト
。キリストは罪人をつかみ、神に連れ戻せる唯一の方。それはなぜか。
過去、現在、未来。すべての罪人の保釈金を、キリストの命で、神が全
額、支払ってくださったから。
教会が掲げる十字架は、「あなたの罪が赦されるための保釈金は、支払
い済み」という揺るぎない領収書だ

だからキリストの十字架の赦しを信じて、キリストの中に飛び込んで、
新しく生き直さなかったら、勿体ない。
神は愛だから、神は私達を罪の中に見捨てないし、決して私達を諦めな
い。そして神は礼拝に招き、告げてくださる。「I Love You」。これが礼拝
の中身。私達がどんなに弱く貧しくても、私達は神に愛されている。その
確かな証しが、十字架だ。誰も神の愛から漏れていない。礼拝の度に私達
は神からの「I Love You!」を聞いている。

38わたしは確信しています。
死も、命も、天使も、
支配するものも、現在のものも、
未来のものも、力あるものも、
39高い所にいるものも、低い所にいるものも、
他のどんな被造物も、
わたしたちの主キリスト・イエスによって
示された神の愛から、
わたしたちを引き離すことは
できないのです。
ローマの信徒への手紙8章38~39節

十字架の道
カレル橋の十字架プラハにて

坂の途中から2024年6月16日中島日善子
今週もリハビリに行ったが、リハビリ効果は怪しい。腰も股関節も、
とっくに賞味期限が切れているから、パソコンに向かう時間が長くなっ
てくると、下半身の痛みも半端ない。そして痛みが我慢できなくなると
寝そべり、スマホで動画を見るしかない。サボっているんじゃないの。
ストレッチなの。寝そべったまま、ストレッチしているのよ。
信仰の友人と先月、電話で話した。友人も私と同年代で、私よりもず
っと酷い痛みを全身に抱えている。過酷な痛みを抱えながら、日常生活
全般をこなすのは、大変だろうなぁとつくづく思う。でもその友人が言
った。
「痛いけど、つらくはない」。
全身に痛みをかかえている。でも信仰者として生きている友人は、
「痛いけど、つらくはない」と言う。
体の痛み以上に耐えがたい「生きる苦しみ、悲しみ」が、神を信じる
信仰生活を通して、徐々に癒されてきた幸いを、友人は全身全霊で味わ
いながら今を、神と生きている。

3「心の貧しい人々は、幸いである、
天の国はその人たちのものである。
4悲しむ人々は、幸いである、
その人たちは慰められる。

11わたしのためにののしられ、迫害され、
身に覚えのないことであらゆる悪口を
浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
12a喜びなさい。大いに喜びなさい。
天には大きな報いがある。」
マタイによる福音書5章3~4、11~12a節

十字架の道
エルサレム十字架の道にある教会で

坂の途中から2024年6月9日中島日善子
全国連合長老会日曜学校委員会編「カテキズム教案」に、委員の一人と
して関わって来た。現在は年2回、教案作成の奉仕をするだけ。とは言え、
今回で38号。子供が楽しく日曜学校に取り組めるよう、毎回、分級教案原
稿のアイディアを絞り出すのは楽ではなく、締切を過ぎることもある。
でも今回、締切の1週間前に、1か月分の原稿を仕上げて発送できた。
なぜだろう。
教案の発行などの奉仕を担当されているのは、羽咋教会。今年の元旦、
能登半島の地震で被災した教会だ。そして今月3日も震度5強の地震があ
った。
自分の教会が危うい時に、外部に関わる余裕はないはず。しかし教案発
行の奉仕教会が変更になったとは聞いてない。ならば、せめて原稿の締切
を守りたいと思った。すると今回、締切前に、すべての原稿を作成して発
送できた。と同時に、今までの自分の甘えが心底、恥ずかしかった。

6主よ思い起こしてください
あなたのとこしえの憐れみと慈しみを。
7わたしの若いときの罪と背きは思い起こさず
慈しみ深く、御恵みのために
主よ、わたしを御心に留めてください。

12主を畏れる人は誰か。
主はその人に選ぶべき道を示されるであろう。
13その人は恵みに満たされて宿り
子孫は地を継ぐであろう。
14主を畏れる人に
主は契約の奥義を悟らせてくださる。
詩編25編6~7、12~14節

鶏鳴教会
鶏鳴教会エルサレムにて

坂の途中から2024年6月2日中島日善子
先月、金沢教会で中部教区総会が行われた。新幹線を乗り継ぎ、金沢へ。
駅からバスを利用して金沢教会。ここまでの移動で外国人観光客の多さに
驚いた。治安が良く、便利で、円安。外国人にとって、日本での旅行は最
高かも知れない。
総会では、元旦に起きた能登半島地震の被災地教会から、現状報告があ
った。報告しながら、言葉をつまらせる牧師。その姿から、現地での苦し
み、うめき、嘆きが津波のように押し寄せて来て、胸が痛かった。
地震発生から半年が経過するが、先の見通しは立たない。上下水道が整
わない所も多くある。受験、進学に備えていた人たちはどうなったか。
弱さを抱えている人たちは、今後、どうすれば良いのか。
また今総会で小さな教会が1つ解散になった。中部教区の前年度決算は
34,190,940円。1人の政治家が税金も納めず、懐に入れた金額と、ほぼ同
額かと悲しくなった。
日本の教会の貧しさを知ってか、知らずか、外国人観光客の気楽な姿を
見かけるのが、豊橋への帰り道、つらかった。

18神よ、耳を傾けて聞いてください。
目を開いて、わたしたちの荒廃と、
御名をもって呼ばれる都の荒廃とを御覧ください。
わたしたちが正しいからではなく、
あなたの深い憐れみのゆえに、
伏して嘆願の祈りをささげます。
19主よ、聞いてください。主よ、お赦しください。
主よ、耳を傾けて、お計らいください。
わたしの神よ、御自身のために、
救いを遅らせないでください。
あなたの都、あなたの民は、
御名をもって呼ばれているのですから。」
ダニエル書9章18~19節

Servant of the Lord
鶏鳴教会エルサレムにて

坂の途中から2024年5月26日中島日善子
先日、名古屋市美術館に行ったけれど、休館だったので、リベンジで
東京まで足を延ばし「キリコ展」(東京都美術館)「ブランクーシ展」(ア
ーティゾン美術館・旧ブリジストン美術館)「マチス展」(国立新美術館)
をハシゴして来た。
国立新美術館(2007年開館)は初めてだった。国立新美術館のフォルム
が柔らかくユニークで、黒川紀章の設計だとか。乃木坂の改札口から即、
美術館に入れたのも嬉しかった。
マチスは大好きな芸術家の1人。今回は絵画だけでなく、彫刻、空間
創造などもあり、ワクワクドキドキが止まらない。年を重ねても作品の
質は落ちず、むしろ新分野を目指して、とことん探求していく。晩年、
ベッドに横たわったマチスが腕を伸ばし、長い棒の先に絵筆をつけ、製
作している写真があった。命ある限り、与えられた賜物を発揮したいマ
チスの熱情が、1枚の写真から伝わって来た。
そのマチスの姿と先月末、逝去された星野富弘さんの姿が重なった。
マチスも星野さんも神から与えられた人生を余すところなく、最後まで
熱く生き抜いて逝かれた。見事。

25b『わたしは、いつも目の前に主を見ていた。
主がわたしの右におられるので、
わたしは決して動揺しない。
26だから、わたしの心は楽しみ、
舌は喜びたたえる。
体も希望のうちに生きるであろう。
27あなたは、わたしの魂を陰府に捨てておかず、
あなたの聖なる者を
朽ち果てるままにしておかれない。
28あなたは、命に至る道をわたしに示し、
御前にいるわたしを喜びで満たしてくださる。』
使徒言行録2章25b~28節

バラ
ステンドグラスからの光が壁を照らすマチス展にて

坂の途中から2024年5月19日中島日善子
神はご自分にかたどって、人を造られた(創世記1:26-27)。そして
神は愛。神の愛を体現する者として、人が造られた。だが最初の人アダ
ムは神に背を向け、神の愛に背を向けた。それ以来、人は「愛する歴史」
ではなく、「愛せない歴史」を重ねて来た。そして人は、神の愛から離
れれば離れるほど、愛することができない「人でなし」になって行った。
地上の歴史は「人でなしの歴史」かも知れない。でも神は人を諦めな
い。神は愛だから。だから神は人をあるべき姿に立ち返せるために、ご
自分の御子キリストを地上に送った。「この人を見よ」と。
キリストこそが、神にかたどられた人の姿。本来あるべき人の姿が、
キリストにこそある。
キリスト。この人を見て、この人に聞き、この人に倣い、この人に愛
されて、この人を愛して生きる時にこそ、私達にキリストが刻まれてい
く。私達に「神の形」「神の愛の意志」「神の愛で生きる力と道」が刻
まれていく。そして私達は、本来あるべき人の姿で、命を生きるように
されていく。
キリストと出会うことは、本来の自分の生き方と出会い、あるべき生
き方で生き始めることだ。

神は御自分にかたどって人を創造された。
神にかたどって創造された。
男と女に創造された。
創世記1章27節

造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、
日々新たにされて、真の知識に達するのです。
コロサイの信徒への手紙3章10節

キリスト像
ポルトガルにて

坂の途中から2024年5月12日中島日善子
雨の朝、金城学院大学の礼拝奉仕へ。新年度、学生が多く礼拝に参加
している。多くがノンクリスチャンだろう。私もそうだった。でも真の
神と出会うチャンスが与えられていることが嬉しい。命にとって最も大
切な神との出会いは、時を経て、必ず実を結ぶことを私も実感している
から。
礼拝後、久しぶりに名古屋市美術館へ。せっかく出かけたのだから、
寄り道しないと勿体ない。以前は栄駅で降りて、かなり歩いて靴ずれが
できたから、地図では、少し近くなる矢場町駅で降りて、スマホを頼り
に歩いた。
雨が上がり、暑くなってきた。近いはずなのに以前と同じくらい歩い
て、やっと名古屋市美術館に到着。すると入口に「本日休館日」の立て
札。え、うそ!!月曜日が祝日だったため、代休の休館日だった。
( ノД`)シクシク…
帰り道、矢場町駅に戻ろうとしたが、さっきと風景が違う。あれ?あ
れ?スマホを見ながら、駅を求め、ひたすら歩く。やがて持っていた傘
が、杖代わりに。(;一_一)
ヨタヨタで教会へ。すると教会の入口で、雨の粒を宿したバラが「お
かえり」と言ってくれた。ありがとう。

1「心を騒がせるな。神を信じなさい。
そして、わたしをも信じなさい。
2わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、
あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
3行ってあなたがたのために場所を用意したら、
戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。
こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。」
ヨハネによる福音書14章1~3節

バラ
バラ豊橋東田教会にて

坂の途中から2024年5月5日中島日善子
動画の見出しに、痩せ細った子供の写真があった。一瞬、ビアフラの
子供かと思ったが、ガザの子供だった。
中学生か高校生の頃、ビアフラ戦時下、痩せ細って老人のような子供
の姿を新聞で見て、心底、恐怖したことを、今も肌身に記憶している。
あれから半世紀が経ったのに、大人の強欲のために、今も飢えて、老
人のような姿で目をつむるしかない子供が、大勢いる。弱った子供の姿
を見るのは、イヤだ。本当にイヤだ。痛い。痛い。針で刺されたみたい
に心が痛い。全身が痛い。痛い。痛い。だから、もうやめて。本当にや
めてくれ。
今朝、朝刊一面に「ハマス、ガザ停戦交渉へ」の見出しを見つけた。
とにかく争いはやめて。大人の勝手な屁理屈で、子供をつぶさないでく
れ。子供をつぶすことは未来をつぶすことだ。未来を歪め、未来をつぶ
す権利なんぞ誰にもない。地球上どこであれ、争いは即刻やめてくれ。

17だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で
善を行うように心がけなさい。
18できれば、せめてあなたがたは、
すべての人と平和に暮らしなさい。
19愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。
「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と
主は言われる」と書いてあります。

21悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。
ローマの信徒への手紙12章17~19、21節

岩のドーム
イスラムの聖地岩のドームエルサレムにて

坂の途中から2024年4月28日中島日善子
愛知東地区の婦人会総会に出席した。この日は礼拝奉仕もあるため、
日曜日と同じ礼服で、会場の岡崎教会へ急いだ。総会は10時半~12時ま
で。議事進行を踏まえて、説教原稿は短い。でも「早く終えなくちゃ」
との思いが先立ったせいか「早口でしたね」との感想を聞いた。
(;゚Д゚)あちゃ~!
総会後、能登地震被災地教会を支援するために、バザーが行われた。
手造りの品などが並んだ。私も手作りの絵ハガキ5枚1組を200円で提供
して、無事に完売した。
バザーで売れ残った品は各自が引き取るのだが、ある方が「持って帰
るのが面倒だから」と赤いセーターをくださった。「赤は好きな色だけ
ど、今まで赤い服を買ったり着たりしたりしたことは、なかったなぁ」
と思いつつ、感謝して戴いた。
赤い服を着る還暦は、とっくに過ぎたし、古希も過ぎてる。しかし限
りある残り時間。主が許してくださる限り、これまでやったことがない
こと、新しいことにチャレンジするのも良いかも知れない。

13怠け者は言う
「道に獅子が、広場に雄獅子が」と。
14扉はちょうつがいに乗って回転する。
怠け者は寝床の上で寝返りを打つ。
15怠け者は鉢に手を突っ込むが
口にその手を返すことをおっくうがる。
16怠け者は自分を賢者だと思い込む
聡明な答えのできる人七人にもまさって。
箴言26章13~16節

教会
バザーに出品したハガキの一葉

坂の途中から2024年4月21日中島善子
神が土の塵で人を造り、命の息を吹き入れることにより、人は生きる
者となったと、創世記2章7節は記している。
塵はゴミクズ。そんなものに、神はご自分の尊い命の息を吹き込み、
ご自分の命を分け与え、神と共に生きる者とした。このようにして神か
ら造られたのは万物の中で、人だけだ。それなのに人は神に背を向け、
罪と死の中に堕ちて行った。それでも神は、人を罪と死の中に放置され
ない。人が罪と死の中で朽ち果てることを、神は良しとされない。
それどころか神は、塵・ゴミクズに過ぎない人を罪と死の中から救う
ために、ご自分の御子キリストの命を差し出す。塵の輩、ゴミクズの輩
が、死ぬべき者ではなく、生きるべき者とされるため、神は御子の命、
神の命を使い尽くす
それが、十字架だ
アホらしい。どこに塵やゴミクズの命を救うため、我が子の命を捨て
る親がいるか。でも神はそれをされた。私達を罪と死から救うため、死
んでも尚、神と共に生きる者とするために、神は、御子を十字架の祭壇
で献げることを良しとされた。
それほど私達は神に愛されている。御子の命さえ惜しまないほど、私
達は神から愛されている。だから私達は生きて良い私達は1人の例外
もなく、神から愛されている

だから何があろうと、私達は生きて良い
このことを知るために、知って、神と共に生きるために、神は私達を
造られた

神は、独り子を世にお遣わしになりました。
その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。
ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。
ヨハネの手紙一4章9節

教会
テンペリアウキオ教会フィンランドにて

坂の途中から2024年4月14日中島善子
4月最初の礼拝の時、教会の桜が満開だった。その後、強い雨が降った
ので、桜の花びらが、たくさん散ってしまった。そして今日、仕事を中断
して、教会の桜の周りをなんとなく歩いた。
すると足元が白い水玉模様になっている。教会の階段も、教会の前の
道路も、あたり一面が桜の花びらで、小さな白い水玉模様になっている。
なんだか可笑しくなって、心の中で笑った。
高い木の上で咲いている桜。散ってしまった桜。どちらも同じ桜。でも
私の足元を、水玉模様にしてくれている桜に、感謝した。私の上と下。
桜で暖かくサンドイッチされていることに、心から感謝した。

わたしに尋ねようとしない者にも
わたしは、尋ね出される者となり
わたしを求めようとしない者にも
見いだされる者となった。
わたしの名を呼ばない民にも
わたしはここにいる、ここにいる
と言った。
イザヤ書65章1節

「わたしは、
わたしを探さなかった者たちに見いだされ、
わたしを尋ねなかった者たちに自分を現した」
ローマの信徒への手紙10章20節

花屑
花屑豊橋東田教会にて

坂の途中から2024年4月7日中島善子
週の初めに、体調を崩してしまった。新年度の準備など、やるべきこと
は山ほどあるのに、何もする気にならなくて、エンジンが全くかからない。
豊橋公園に行った。教会の桜はまだ2分咲きだったけど、豊橋公園の桜
はシッカリと咲いていた。まだ春休みなのか、子供連れも多くいた。しば
し桜の下でくつろぐ。
牧師になって31年目。毎年、桜が咲いても、桜並木の下を通り過ぎるだ
けで、バタバタ仕事に走り回って来た。だから桜は、毎年、通り過ぎるだ
けの景色だった。
こうして桜の木の下に座り込み、ゆっくりお花見なんて、何十年ぶりか
な。思い出せないくらいの「久しぶり」。
その時にしか見えない、味わえない景色がある。それらを果たして私は、
五感を尽くして、味わって来ただろうか。
2024年度が始まった。神から手渡されている一瞬、一瞬をしっかり受け
止めていきたい。神から新たに手渡されていく一つ一つを、その甘さ、苦
み、優しさ、激しさを、逃げずにキリストに癒されながら、支えられなが
ら、導かれながら、とことん味わい尽くして、生きていきたい。

6どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。
何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、
求めているものを神に打ち明けなさい。
7そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、
あなたがたの心と考えとを
キリスト・イエスによって守るでしょう。
フィリピの信徒への手紙4章6~7節

桜
豊橋公園にて

2023年度のコラム 2022年度のコラム

このサイトの聖書の言葉はすべて以下から引用しています。
聖書新共同訳:
©共同訳聖書実行委員会
ExecutiveCommitteeofTheCommonBibleTranslation
©日本聖書協会
JapanBibleSociety,Tokyo1987,1988